毒草一覧次の花
オオツヅラフジ


防已(ぼうい)とよばれる伝統的な薬草です。リウマチなどの鎮痛作用で知られていますが、やはり多量の摂取は禁物です。秋にブドウのような球果を結びます。


毒草名  オオツヅラフジ(大葛篭藤)、アオカズラ、アオツヅラ、ツタノハカズラ
学 名  Sinofranchetia acutum REHD et WILS
特 性  ツヅラフジ科 ツヅラフジ属、雌雄異株のつる性落葉樹
花 期  6〜9月
毒部位  根、茎
成 分  シノメニン(Sinomenine)、ジシノメニン、イソニノメニン、シナクチン、ツヅラニン
症 状  かゆみ、血圧降下、痙攣、中枢神経麻痺


 

 



 

 



-------- 防已(ボウイ) --------



関節痛などの漢方薬に配合されていますね。同じような「木防已(モクボウイ)」というのがありますが、同じツヅラフジ科の「アオツヅラフジ」のことで、このアオツヅラフジより大きいことから「オオツヅラフジ」と呼ばれています。




≪MEMO≫
・ツヅラフジ(ツヅラフジ科ツヅラフジ属)
 
・アリストロキア酸(Aristolochic Acid)
・防已黄耆湯
 


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS